Helios2+
ToFカメラ

Helios2+

Helios2+はSONYのToF用CMOS撮像素子IMX556PLRを搭載したLucid社の世界最高性能のToFカメラです。
新たにハイダナミックレンジモードと高速モードをサポートし、ハイダナミックレンジモードは高反射と低反射双方の物体が含まれる複雑な環境、高速モードは移動物体に威力を発揮します。
小型ながら640×480点のポイントクラウドデータを30fpsで出力します。IP67等級で耐環境性に優れ、GigE Vision v2.0, GenICam 3Dに対応し、プログラム開発用に洗練されたソフトウェア開発キット(Arena SDK)が提供されています。

Helios2+

特徴

  • ハイダイナミックレンジモード
  • 高速モード

用途

  • ビンピッキング
  • パレタイジング
  • 接触事故回避
  • 形状検査
  • 人の動きモニタ
  • 植物の生育モニタ
  • 自動収穫マシン

仕様

型式 VP-HTP003S-002 HTP003S-001
撮像素子 素子 SONY IMX556PLR CMOS
有効画素数 640×480
フレームレート 30fps (通常モード)
10fps (HDRモード) *下記表参照
103fps (高速モード) *下記表参照
画角 69°×51°
作動距離 0.3m~8.33m
動作モード 通常モード: 1250mm, 3000mm, 4000mm, 5000mm, 6000mm, 8333mm
高速モード: 625mm, 1250mm, 2500mm
精度 ±4mm (通常モード:1250mmにおいて)
分解能 0.8mm (通常モード:1250mmにおいて距離1m)
カメラインタフェース 1000BASE-T M12コネクタ, PoE+
サイズ 60mm(幅)×60mm(高さ)×77.5mm(奥行き) 凸部含まず
重さ 398g
規格 GigE Vision v2.0, GenICam 3D
防塵防水クラス IP67
動作温度 -20℃~50℃ (筐体温度)
対応OS Windows, Linux
付属品 防水コネクタ付LANケーブル (2m)
RJ45延長コネクタ
PoE+インジェクタ
三脚アダプタ
カメラ制御のためのArena SDK
ViewPLUSオリジナルサンプルプログラム
-
HDRモード 最大フレームレート
標準HDR 10fps
低ノイズHDR (4×1000μs) 5fps
低ノイズHDR (8×1000μs) 3fps
高速モード 最大フレームレート
ピクセルフォーマット Coord3D_ABCY16 45fps
Coord3D_ABC16 60fps
Coord3D_CY16 90fps
Coord3D_C16Y8, Coord3D_C16 103fps

参考資料

準備中

ページの先頭へ戻る